VITA BLOG

【スタッフ紹介】 現場監督 安永真樹

2018年6月25日

こんにちは!

広報の寺村です。

クレイルのスタッフを知っていただくスタッフ紹介。

今日は、現場監督の安永真樹(やすながまさき)です。

仕事の仕方は職人そのもの。

仕事職人とは自ら身につけた技術により、モノを作り出す職業のこと。

安永は、現場を取り仕切るので物づくりはしませんが、職人的な要素を多く含んだ仕事をしていると思います。

単に教える・学ぶだけならマニュアルがあれば教えることはできます。

しかし、それでは身につけるまでのプロセスや考え方は伝わりません。

技術の習得は、積み重ねの上から誕生し、そこから広がっていく。

教える側も、教わる側も、表面的な技術を継承するだけではなく、

安永自身も、家づくりの性能の進化を生み出すために深く技術を学んでいます。

******************************************

【お客様への挨拶】

お客様の思い描いたイメージに近い家づくりを目指し、誠心誠意、現場管理をさせて頂きます。

よろしくお願いします。

【出身地】 大阪

【座右の銘】 終わらない事はない

【保有資格】 2級建築士

【好きなこと・趣味】 映画鑑賞

【休日の過ごし方】 朝からずっと映画を観ています。

*************************************

先日、施工中の現場を観に行く機会がありました。

その日は、現場で作業はしていませんでしたが、使用する機材などがきちんと整理されて置かれていました。

現場でどのように仕事をするか?

その過程がどのように行われているのか?

現場を見るとそれがわかります。

職人のような仕事だと思うところは、こんな当たり前の所をきちんとする事だったりします。